カナダで語学留学をするのに必要な語学力はどのくらいですか?

英語留学先として大人気のカナダには、多くの語学学校があります。
クラスも初級から上級コースまで豊富で、英語力で細かくレベル分けされているところもあるので、初心者でも問題ありません♪

カナダは寒いですか?

カナダは世界第2位の国土面積をもつ国なので、地域によって多様な気候形態があります。
地域によっては、冬は氷点下20度以下にまで下がったり、豪雪地帯になったりするところもあります。

カナダに留学するときは、滞在地域がどのような気候なのかを調べたうえで服装や持ち物の準備を進めていくといいでしょう。

 

広大な面積をもつ国だけあって、気候も地域によって多様です。北部には氷河がある一方で、ブリティッシュ・コロンビア州西側には豊かな緑が広がっています。さらに、もっとも人口が密集している南部、アメリカとの国境に接する地域では、四季がはっきりしています。春と秋は穏やかな気候ですが、真夏には日中の気温が35°Cを超え、冬には氷点下25°Cになる地域もあります。

日本人が少ない地域で勉強したいのですが…

留学人気国のカナダでは、バンクーバーを中心に日本人留学生が多く滞在しています。
ですが、語学学校では同一国籍の留学生数を制限しているところも多いので、日本人比率の少ない学校を選ぶことで、より英語環境の中で語学を勉強することができますよ♪

「どうしても日本人の少ない地域に行きたい!」という場合は、カナダ国内でも北部や中央部は日本人が比較的少ない傾向にあるので、そういった地域を選ぶといいでしょう。

カナダの治安は?

カナダは世界的にも治安の良い国ではありますが、2017年1月時点の外務省のデータによると、カナダの犯罪発生率は日本の約5倍の水準!

・夜遅くに不要の外出をしない
・身の回りの持ち物には注意を払う
・見知らぬ人についていかない

など、基本的な危機意識をもつことが大切です。
外務省のホームページには、カナダ各地域の治安状況についてもまとめられているので、渡航前にはチェックしておくようにしましょう。

 

治安がいいってホント?

世界的に見ても、カナダは治安のよい国だと言えるでしょう。凶悪な事件がマスコミをにぎわすようなことはめったにありません。とはいっても、あまり開放的な気分にはならないように。気を引き締めて、各自注意するに越したことはありません。

どのくらいの期間で英語がしゃべれるようになる?

これは個人差もありますが、一般的な目安としては、英語になれてくるのが3ヵ月頃から。そして6ヵ月から1年で、会話はもちろん読み書きに関しても、ある程度の成果が得られると思います。ただし、現地に行ってある期間を過ごしただけでペラペラになると思ったら大間違い。積極的な姿勢でしっかり勉強することが大前提です。

日本人の少ない学校、地域は?

日本人のいない語学学校を探すのは至難の業。とりわけ、気候がよい地域やアクティビティが充実している学校、サビス態勢が整っている学校というように、好条件が揃っていて、日本人のいないところを探すのは不可能といっても過言ではないでしょう。留学都市として人気があるバンクーバーやトロントには、バラエティに富んだレストランからエンターテインメントまでいろいろなものが揃っており、楽しい留学生活が送れる、ということに注目するほうがいいかもしれません。どうしても日本人が少ないところを望むのなら、冬の寒さの厳しい北部地域や中央部は比較的少ないと言えます。

英語のほかにもフランス語が公用語ってホント?

カナダでは英語とフランス語を公用語として定めており、カナダ全体では、6割の人が英語、3割近くの人がフランス語を話します。フランス語を話す人のほとんどは、ケベック州とニュー・ブランズウィック州に住んでいます。ケベック州では約83パーセントの人がフランス語を話します。ノバ・スコシア州、マニトバ州、オンタリオ州の一部地域でも英仏両言語が使われていますので、フランス語も習得したいという人は、それらの州にある語学学校を探すといいでしょう。

現地で車は必要?

電車やバスといった公共交通機関が発達した都市であれば車は不要ですが、郊外になると、車があれば生活は格段に便利になり、余暇の過ごし方にも幅が出てきます。必要なときだけレンタカーを利用したり、ホストファミリーや現地の友人に車を出してもらったりもできますので、車がなければ生活できない、ということはありません。

私立と大学付属では何が違うの?

私立の語学学校の場合、毎週入学可能なところも多く、日程やコース選びの選択肢が多いのが特徴です。また、一般的に空港への出迎えサービスや滞在先の手配など、サポート態勢が充実しています。大学付属の場合は、あくまでもその大学への進学準備のためのコースというのが前提なので、内容も会話より大学の授業で必要な読み書きが中心になります。大学のキャンパス内にあるので大学の施設が自由に使え、カナダ人学生と知り合う機会が多いのがメリットでしょう。

4年制大学へ進学するにはどれくらいの準備期間が必要?

語学研修期間を検討する前に、まずはTOEFL®などを受験してみて自分の英語レベルを確認しましょう。また、志望する学校が大学への条件付き入学の制度をもっているなら、単なる語学研修で留学するよりも、条件付き入学の資格を取ってから留学するほうが現実的な場合もあります。

4年制大学へ進学するにはどれくらいの準備期間が必要?

語学研修期間を検討する前に、まずはTOEFL®などを受験してみて自分の英語レベルを確認しましょう。また、志望する学校が大学への条件付き入学の制度をもっているなら、単なる語学研修で留学するよりも、条件付き入学の資格を取ってから留学するほうが現実的な場合もあります。