カナダ留学の手順(流れ)
カナダに勉強をしたいな、と思うきっかけは皆さん様々でしょう。ここではカナダに留学をする場合の流れに関して説明をしています。

沢山の日本人留学生が到着後、カナダでどのような生活をするか、どのような悩みが生まれるか、など、短期から長期、語学留学から大学生まで、これまで様々な事例を現地で見てきています。

日本からカナダに送り出して終わり、ではなく、現地で実際に留学生に関わってきたカウンセラーがご説明する「留学の流れ」です。ぜひご参考にしてください。

Step1.カナダ留学の大まかな計画を立てる

カナダ留学の軸となるのは、「学校」です。

学校選びのポイントは、

・どんな学校に行きたいか
・どんなコースを取るか
・留学に何を希望しているか
?

に加えて、

・留学の期間
・予算
・希望の留学場所

・出発の時期

などがポイントになってきます。

まだ、具体的なことを考えていない方は、ひとまず、上記の質問の答えを書き出してみましょう。

Step2.カウンセリング

自分の希望や、予算などが大体わかってきたら、実際的にどのような可能性があるか、を知る必要があります。
ご希望の留学スタイルと予算が合わないかもしれませんし、希望の内容に適したビザのタイプがないかもしれません。

貴留学センターではこれまで沢山の日本人留学生のお手伝いを「現地」で行ってきました。日本人の留学生の生活にどのくらいの予算がかかるか、どのような流れが、一般的か、など、豊かな経験を元に、お客様にとって無理のない、かつ安全で確実な留学生活をデザインするお手伝いをいたします。

留学のきっかけは皆様それぞれ違うと思いますが、共通して言えることは、「留学は自分がするもの」ということです。
カウンセリングは、お客様の状況やご希望を最優先で進めて行きますが、私達は、あくまで「自分がする留学」のためのお手伝い、横からのサポートをする形になります。カウンセリングは、自分で考えて、自分で決めていく留学、のためのアドバイス源とお考え下さい。

Step3.学校の見積もり

留学のスタイル、留学先の学校が決まったら、学費の見積もりを提示します。
カウンセラーが、お聞きした内容を元にお見積もりの金額を詳しく書いてご返信します。お見積もりは、一校のものとは限りませんので、迷っているコースや学校があれば、見積もりを見て比べることが可能です。

この時点で、学校以外の、航空券、保険、ビザ申請料金(該当者)、滞在中の生活費など、大体の予算も同時進行で目安をつけておくと良いでしょう。

カナダ留学のチェックポイント

具体的な留学プランを立て始める前に、セルフチェックをしてみよう。目的や自分の現状を見極めることで、選ぶべき学校のタイプや場所、そして必要な期間などが絞られてくるはずです。

1. 留学の目的は?

カナダ語学留学の目的は、アンケートで見るとだいたい次の3種類に分けられる。1とにかくカナダへ行ってみたい、2仕事や生活に役立つ英語力を身につけたい、3大学や専門学校に進学するための準備。自分の留学目的をはっきりさせてから留学プランを立てよう。

2. 使えるお金はどのくらい?

留学予算をどのくらい用意しているかによって、選択肢が決まってくる。また、現地でどのような生活をしたいのか、節約しながら勉強にはげむのか、レジャーなども満喫しながら楽しむのかなど、お金の使い道の優先順位も考えておこう。

3. 使える時間はどのくらい?

短期留学と長期留学では、生活や勉強のペースはおのずと違ってくる。また、学校やコースの選び方もそれぞれ違う。

4. 現在の英語力はどのくらい?

必ずしも渡航前にTOEFL®などの英語検定を受けておく必要はないが、自分の英語力がどのくらいかを自覚しておくことは大切。これも学校や滞在スタイルを選ぶときに考慮すべき点だ。

5. 健康状態は良好?

知らない外国の土地での生活には、心にも体にもさまざまなストレスがかかってくる。自分の健康状態をチェックしておくことは大切だ。

6. 最後までやり通す意志はある?

思ったように英語が上達しない時期があったり、ホームシックにかかったり、トラブルに巻き込まれたりと、留学生活のなかでは、くじけそうになる場面も出てくるだろう。それを克服するためには、最後までやり通す、と意志はある?いう強い意志も必要だ。

7. 留学後はどうする?

キャリアアップや、英語を使う仕事に就く、さらに英語の勉強を続けるなど、留学体験を生かしてどのようなことをしたいのか、ある程度イメージをしておくとより有意義な学び方ができるだろう。

語学留学に向けて、半年前からスケジュールを立てよう

留学準備の流れ

留学を決めてから実際にカナダに渡るまでには、さまざまな準備段階を経なければならない。自力で手続きする人も、留学エージェントに手続きの代行を頼むつもりの人も、ここでその流れを把握しておこう。留学準備は、①情報・資料の収集、②何校か候補を選び、比較検討、③研修校を決定し、入学申し込み、④渡航準備、の手順で行う。

5~6ヵ月前から準備開始

資料請求から始まって入学許可証を受け取るまでには、対応の早い私立語学学校でも、最短で3ヵ月程度はかかる。事務手続きの遅れやカナダの休暇時期(夏休みやクリスマス)にぶつかると、さらに時間がかかる。学校によっては締切日を設定しているところや、国籍制限を行っているところもある。準備が遅いと希望する学校に希望日から入学できないこともあり得るので、なるべく早めに開始しよう。すべての手続きを個人で行う場合、準備期間は最低5~6ヵ月みておこう。

コース開始日から逆算して計画を

留学までのプロセスが一応のみこめたら、いつまでに何をするかスケジュールを立ててみよう。①入学したいコースの開始日、②願書提出の期限、③資料の請求をする時期、がスケジュールの大きな柱となる。留学を決めたらまずは予定表を作り、そこにコース開始日、願書提出の期限など、絶対に動かせない日程を書き入れる。そこから逆算しながら計画を立てていくといい。済んだ予定には印をつける。新しい予定をどんどん記入できるよう、備考欄はたっぷりとっておこう。

準備開始から出発までの流れ

出発まで6ヵ月

・情報収集
・入学候補校のウェブサイト(パンフレット)の検討

出発まで5ヵ月

・学校・滞在スタイルの選択
・留学費用の見積り

出発まで4ヵ月

・学校・滞在スタイルの決定
・入学申し込み(入学申請料の送金)
・出発日の決定

出発まで3ヵ月

・パスポートの申請と受理
・入学許可証の入手
・航空券の手配
・クレジットカードの申し込み
・就学許可証の申請(留学期間が6ヵ月以上の人のみ)

出発まで2ヵ月

・ユースホステルの手配

出発まで1ヵ月

・ホームステイ先の決定
・海外旅行保険加入
・役所の届出(転出届、年金など)

出発まで1~3週間

・ホームステイ先に到着日時の連絡
・現地通貨の購入(現金)
・荷物の準備

出発