カナダ留学、学生ビザ(就学許可証)を申請する

就学許可証とは

一般的に「学生ビザ」として呼ばれていますが、正式には英語で「STUDY PERMIT = 就学許可証」と言います。

就学許可証は、カナダの語学学校、専門学校、大学、コミュニティーカレッジなどに6ヵ月以上就学する場合に必要になります。ケベック州の場合は、就学許可証の申請前に移民局から別の許可(Certificate of Acceptance of Quebec)が必要になります。

6カ月未満の場合は、就学許可証が無くても大学、短期大学、語学、職業訓練などの別を問わず通うことができます。幼稚園などの学齢期前の就学の場合も就学許可証は必要ありません。また、6カ月未満の場合であっても就学許可証を取得することもできます。

 

6カ月未満の場合でも就学許可証を取得する意味は?

メリット デメリット
・カナダに到着後、6カ月以上就学したい場合でも、就学許可証の延長ををカナダ国内で申請できる。
片道航空券で入国できる。カナダで日本行き航空券を購入した方が安い場合が多い。
・語学学校以外の大学などに学校に通う場合は、規定時間内においてアルバイトができる。
・カナダ到着後に6カ月以上延長して就学したい場合は、就学許可証をカナダ国外で申請しないといけない。
往復航空券を事前に購入する必要がある。復路の日程も購入時に決めないといけない。
・渡航前に書類など事前の準備が必要になる。
・就学許可証の申請料が発生する

就学許可証が取得可能な学校はカナダ政府公認の学校のみ

カナダ政府公認の指定校のみ就学許可証の申請ができます。

就学の意思がないにも関わらずカナダへの入国、長期滞在のための手段として就学許可証を取得することを防ぎ、カナダの教育機関には認可外のプログラムを提供したり、実態がないにも関わらずカナダ入国、長期滞在のサポートを行わないようにこのような取り組みが行われています。

カナダ政府公認の学校はカナダ政府のホームページで確認することができます。または弊社までお気軽にお問合せください。

カナダ政府公認の学校リスト = Designated learning institutions list

就学許可証の期限は就学期間に比例

就学許可証の有効期限は、学校に授業料を支払った分に比例します。つまり1年間の授業料を支払った場合は、1年間の就学許可証が発行されることになります。

  • null
    カナダには1年間滞在する予定です。最初の6カ月間は語学学校に通う予定ですが、残りは学力次第で専門学校へ進むことも考えています。
  • null
    学校へ授業料をお支払いされましたら、就学許可証は6カ月で申請されると良いと思います。カナダご到着後に次の学校が決まりましたら、カナダ国内から就学許可証の延長申請を行ってください。
  • null
    カナダに留学するのは初めてで不安もあります。6カ月は頑張って語学学校に通う予定ですが、カナダでの生活や学校が気に入れば6カ月以上滞在したいとも考えています。
  • null
    6カ月未満の滞在の場合は例外を除き就学許可証は必要ありません。ただし6カ月以上滞在する場合は就学許可証の申請が必要になります。

    カナダにご到着後に就学許可証を新規で申請する場合は、一度カナダ国外に出て申請する必要があります。そのため、6カ月以上滞在する可能性がある場合は、6カ月未満の場合でも就学許可証を申請された方が良いかもしれません。就学許可証は就学期間が3カ月でも申請可能です。

  • null
    就学許可証の延長を考えています。いつまでに申請すれば良いですか。
  • null
    カナダ移民局のホームページによりますと、就学許可証の延長申請は現在お持ちの就学許可証の有効期限の30日前までとなっています。

    規定がわかる場合もありますので、申請をお考えの場合は最新の状況をお確かめください。

就学許可証の期限はパスポートの有効期限にも比例

就学許可証はパスポートの有効期限を越えて許可されることはありません。学校に申し込んだ期間よりもパスポートの有効期限が短い場合、就学許可証はパスポートの有効期限に合わせて発給されますので注意してください。

そのような場合は、日本やカナダでパスポートを更新してから、就学許可証の申請を行ってください。

6ヵ月以内でも就学許可証が必要な場合

就学期間が 6 ヶ月以下の場合は、大学、短期大学、語学、職業訓練の別を問わず、就学許可証は免除されます。また、幼稚園などの学齢期前の就学の場合も就学許可証は必要ありません。
しかし、次のような場合は就学許可証の申請が必要です。

  • 公立の教育機関、もしくは学位を授与する資格のある私立の教育機関でタイムの学生として6ヵ月以上就学し、その教育機関のキャンパス内で働きたい場合。
  • 専門学校やガレッジなどの履修コースに必須科目として Co-opプログラムと呼ばれる「就労体験」やインターンシップ等の実習が含まれている場合。
  • プログラムが6カ月以上の場合。プログラムを途中で放棄して帰国を予定している場合などが該当します。

学校のプログラムに、必須の実習(就労)が組み込まれている場合は、6ヵ月以内でも就学許可証が必要になります。

カナダ入国時に正式な許可証が移民担当官によって支給

審査が終了して許可が確認された後、就学許可証発給の通知書を受け取ることになります。この通知書をカナダ到着時にカナダ関税官に渡してください。

その通知書と引き換えに、移民担当官からカナダでの滞在条件と有効期限を示した正式な就学許可証を発給されます。移民担当官のさじ加減で滞在期間が短くなったり長くなったりするものです。時差で到着後は疲れていても、印象を良くして笑顔で挨拶して対応しましょう。

移民担当官から就学許可証を受け取ったら、必ず間違いがないかその場で確認するようにしましょう。その場を離れてから間違いが発覚したい場合、カナダ国外で手続きしないといけません。